住宅ローンを検討するにあたって

新築購入を検討している為、住宅ローンの利用する予定である。住宅ローンには、変動金利と固定金利があるが、どちらにもメリットデメリットがある。まず、変動金利は、ゼロ金利政策が続く限り固定金利に比べて割安な金利を享受できる。しかし金利変動のリスクを常に念頭において返済計画を立てていかなくてはならない。具体的には金利上昇局面において速やかに固定金利に切り替える事や、繰り上げ返済をしてローン残債自体を減らしていく事などである。固定金利は、一定期間金利が定まっている為、金利上昇時のリスクがなく、生活設計を立てやすいといったメリットがある反面、変動金利に比べて割高な金利であるといったデメリットもある。変動金利を選択できる人は、金利上昇時に備えて返済余力のある共働き夫婦や収入の安定した職業の人になってくるであろう。また、固定金利でローンを返していけない人はそもそも住宅ローン自体組む事を、もう一度よく検討した方が良いであろう。

専業主婦即日融資体験談はこちらからご覧下さい!

このブログ記事について

このページは、pjが2015年1月13日 13:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めて消費者金融を利用するなら、レイクが良いです。」です。

次のブログ記事は「30日間金利が0円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。